サイトのお問い合わせはこちらから
HOME > 微細藻培養ビジネスについて

微細藻培養ビジネスについて

 

イービス藻類産業研究所の微細藻ビジネスとは

イービス藻類産業研究所の藻ビジネスとは


清崎
地元雇用に貢献しながら微細藻の商業生産、加工、販売を行います。微細藻を効率的に生産する技術開発に取り組んでいます。
栄養素を豊富に含む微細藻から機能性食品や化粧品の原料としての利用を促進して いきます。微細藻生産の低コスト化を進め、世界一の培養・生産技術を確立していき ます。


今後の展望

● EPA やパルミトレイン酸等を豊富に含むサプリメントの安定供給
● EPA を含んだ水産餌料による養殖漁業の支援・植物飼料に不足する栄養分の補完などを通じ、魚介類の国内生産を助けます
● 雇用創出
● 沿岸域での耕作放棄地・不適地の有効活用
● 培養技術の提供による藻類バイオ燃料の実用化への貢献

幅広い利用が期待されます。

 
 

微細藻ナンノクロロプシス

清崎プラント 微細藻ナンノクロロプシスは、直径 2 ~ 5 μmほどの小さな海の植物プランクトンです。油分含有量が高くとりわけオメガ3の一つである EPA を最も多く含んでいます。

⇒ナンノクロロプシスの詳細ページ

 
 

東北発の屋外大量培養事業

清崎プラント 微細藻ナンノクロロプシスは、比較的寒冷な海域でよく増殖し、水温が比較的高いと成長が速く、低いと油分をより多く貯めることが分かっています。 また、30℃ 以上では成長が停止することが分かっています。イービス藻類産業研究所は、この藻のこうした温度特性を生かし、東北発の藻の屋外大量培養事業を始めました。


ナンノクロロプシスの製造工程

培養から粉末化まで一貫生産しています! ナンノクロロプシスの製造工程
▲ページの先頭に戻る